from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2009年3月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月
6月7月8月9月10月11月12月 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17/1月2月3月4月5月6月7月8月9月

後楽園遊園地 09.3.27

これはSF映画のシーン? ボカボからすぐ近くの後楽園遊園地の夜景です。神保町に近いのに光景はまったく違う。超未来的。お馴染みスリル満点のアトラクション施設、ジェットコースターやスカイフラワーの塔が、夜は発光しているよう。上の方からは利用客の恐怖の叫び声が…。かなりシュール!
春の公園 09.3.24

ポカポカ陽気だと、外にいるのが楽しくなる? だから公園の大きな木の下でピクニックです。芝生もずいぶん成長し、転げ回っても大丈夫なほど。寝そべると、芝生に混じって咲く小さな春の花発見。子どもも大人も気持ちがウキウキ。ところで、木陰でおやつを食べるとおいしいのはなぜ?
   
桃の花 09.3.20

初夏のような陽気です。急に皆、厚手のコートを脱いで軽やかな装いに。街角の桃の花はこれ以上ないほど満開に咲き誇る。三寒四温、春の嵐…本格的に暖かくなるのは一筋縄ではいかない。気がつくと桜の季節の一歩手前だ。
卒業 09.3.15

卒業式シーズンです。晴れ着の女子大生が集まると地下鉄ホームが急に華やぐ。卒業式のハイカラさん姿はすっかり定着し、この季節の風景になった。袴着用は共通でも、足下は学校により草履派とブーツ派があって微妙。ところで、女子はこのイベントを嬉々として盛り上げているのに、男子はリクルートスーツばかり…。  
タンポポ 09.3.12

石垣にしがみつくように咲いた早咲きタンポポ。ここだけ日がさして 、鮮やかな黄色が目を引く。春の生命力を感じさせます。まだ寒い日が続きますが、春の訪れを確認。そういえば、タンポポの花粉だけを集めて小山にした現代美術の作品を思い出す。息を吹きかけるだけで消滅していまいそうな初々しくて繊細な作品でした。
吸い殻の後始末

09.3.8

このペットボトルは何か?「吸い殻入れから煙が出ていたらこの水を入れてください」と赤い吸い殻入れのカンの下にボトルが2本。中央線千駄ヶ谷駅近くの歩道で発見。ここの交差点でたばこをポイ捨てし、煙モウモウになることが多いのかも? 誰がしたのか分からないけれど、小さな工夫、小さな親切…近頃珍しい。
  

さぶちゃん

09.3.2

「さぶちゃんラーメン」はなくてはならない店。小さな店だけどファンは多く、店の前の行列は絶えない。神保町3代目の主人は心意気であの味を守っている。「ちょっと一服」と通りに出てきたところをパチリ! 歌舞伎役者のようなりっぱな風貌だ。