from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2016年7月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月
12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17
/1月2月 3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月 18/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月

落書き

16.7.24

 バリの田舎街の何気ない塀に描かれたウォール・ペイント。アニメのキャラクターなのだろうか? なかなか凝っている。インドネシアでは、こういう壁画は街を歩くとけっこうあって、どれも自由な発想で面白い。落書きを描かれた家の主も面白がっているようだ。通行人から注目されるし、家の壁が目印になるからだ。こういうことにうるさい日本とはずいぶん違うものだな〜。

東京駅

16.7.16

 夕暮れ時の煉瓦造りの東京駅駅舎。レトロな雰囲気をそのまま残してライトアップされた姿は美しい。周辺には、モダンな構想ビルと一緒に昔の面影を残す三菱一号館などが並び、東京駅は実に魅力的な場所になった。しかも、神保町のボカボから散歩していける距離なのだ。夕方皇居の周りを通ってこの辺りに来ると、勤め帰りのサラリーマンがちょっと一息ついてビールなど飲む姿はなかなかいいものだ。

琉球アサガオ

16.7.8

 高さ5mはあろう壁一面に大輪の青いアサガオが咲いている。と思ったら、別種の琉球アサガオらしい。鮮やかな青い花弁に茎の筒部分はピンク色と艶やかで、見事な咲きっぷりだ。ところで、ここは都内の粗大ゴミ処理場に面した高い塀。トラックが次々やってくると、この花の壁がまず目に飛び込んできて、目を楽しませてくれる。何とも粋な計らい。