from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2010年9月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月
6月7月8月9月10月11月12月 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月 18/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月

少女世界

10.9.30

 女学生も多いのに、なぜか神保町にはカワイイ趣味の店がないな、と思ったら、あった! 1階から2階まで小さなシールやプローチやコップや…乙女の心に触れそうな、カワイイ雑貨が溢れている。ひとつずつ見ると意外にもこの少女世界の引力は強く、グイグイ引き込まれそうでちょっと怖い。「カワイイ」は引き寄せの術に通じているのかな?

ミッキー

10.9.25

 神保町の路地裏にあるゲームセンター「ミッキー」。入り口が宮崎駿の「千と千尋の神隠し」的妖しい感じで、いつも気になっていた。で、中に入ると…やっぱりそこは、レトロで不思議な空間。昔ながらのUFOゲーム機も健在だし。千尋は湯屋に迷い込んだが、ここもなかなか帰ってこれない異次元空間かも?

本の回廊

10.9.22

 本が売れなくなったと嘆く声が多い。でも、神保町ではそれもどこ吹く風。ベストセラー本に押し寄せるのとはちがう、こんな光景は当たり前。本を求める熱心な人たちは、ちゃんといます。電子ブックが実用化されたら、絶版になったアノ本読みたいよ〜という人たちです。それにしても、本の回廊って、はるかに人間時間を超えてるね。

自転車

10.9.17

 雨上がりの今日、初秋のそよ風が吹くすがすがしい日。まだ日差しは強いものの、風に吹かれると気持ちイー! 銀杏の並木道を自転車に乗れば、気持ちよさが実感できる。上を見上げると、枝にはもうギンナンの実がついている。四季のある日本って忙しいけど、やっぱりイイもんだ。

ソーラー

10.9.13

 神保町交差点の宝くじ売り場。ブースの屋根にはなんとソーラーパネルが。一角千金の夢を売る宝くじ売り場は、実は省エネ=省コスト体質だった。うーん、時世にマッチし合理的なのだが、なんとなく宝くじの楽屋裏を見てしまったような…。それにしても、ソーラー発電って結構シンプルなつくりなんですね。

広場

10.9.8

 ボカボの目の前におしゃれな休憩場所ができた! 休日になると日よけ傘に椅子とテーブルがおかれ、リゾート気分で休憩する人がひっきりなし。我々もコーヒーカップを持ってきて、外コーヒーを楽しむこともある。全面ガラス張りのボカボも、こうやって外から眺めるとちょっといい感じ?

せみ

10.9.4

 襟元にセミのブローチ? 実は、何をまちがえたのか本物のセミがとまった。セミは単に一休みしただけかもしれないけれど、何かへんだな〜と足で首を触る。せっかくだから私は木になりきった。そうやってじっとしていると、もう老木なんだな〜としみじみ思えてくる。そういえば顎の辺りもちょっと苔むしているかも。