from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2011年10月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月
10月11月12月 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月

アップル銀座店

11.10.30

 銀座アップル店前に行列。新iPhone購入のため、歩道に座って順番を待つ人およそ30m。もちろん店内はいっぱい。皆から惜しまれてジョブズ氏は亡き人となったが、彼の偉業は世界中に影響を与えている。こうして待っている間も、スマートフォンさえあればノマドスタイル。もうスマートフォン無しの生活には戻れない?

古本まつり前日

11.10.26

 明日から本の街、神保町で「古本まつり」。各古書店では明日の準備に忙しい。いつもより安く手に入るとあって、全国から本好きたちが掘り出し物を求めて集まってくる。本が売れないと嘆く声も多いけど、神保町の賑わいを見るとそれも杞憂に過ぎない。30日にはキューバ音楽 Son Sabrosanの演奏なんかもあって、楽しそう!  

バランケケ

11.10.21

 バリで捕らえた、胴体がまるで枯れ葉みたいな巨大なバッタ? 10センチ以上はある。バリの村人に聞くとバランケケという名前。ケケはたぶん鳴き声だと思うけど。奇跡的に素手で捕まえたところをパチリ。見てください。この足の付け根の盛り上がりを。ボディビル大会に出たらかなりいい成績がとれそう? いったい何メートル跳ねるやら。 

公園

11.10.16

 秋なのに初夏のような日曜。近くの公園には若い世代の家族連れが目立つ。休日の楽しみ方は思い思いのやり方で個性的。芝生の上にテントを張ったり、椅子にかけて日がなiPadを楽しんだり…。当たり前なことだけど前よりノビノビしてる。テントの中では…寝転んでスマートフォンか。この変化、モバイル機器の普及と関係ありそう。やっぱりMr.ジョブズのお陰?

藤壷

11.10.12

 皿の上の奇妙な物体。フジツボの蒸し物です。船の底に着いている厄介者。でも、食べると美味い。だってカニの仲間だからね。小さいときは海中を漂っているけど、大人になると岩や船に定着するなんて、なんとなく人間の成長過程に似ている。ピンセットで中の肉をほじり出して食べると、おーっ、やっぱりカニの味。

apple

11.10.6

 R.I.P. and Thank you Steve.
 リンゴマーク。この商標、スティーブ・ジョブス氏にお別れの意味で使う。彼がいなければ今のボカボもなかったかもしれない。もっと楽しく、もっといろいろできるよ、と多くの人に夢を与えてくれた。その成果は計り知れない。自由と創造のために「貪欲であれ。愚か者であれ」「
大事なのは、心と直感に従う勇気を持つことだ」の言葉を残して逝ってしまった。ご冥福をお祈りいたします。
http://twitpic.com/6vucc0

お供え

11.10.1

 夢の中の光景みたい? バリの村の女たちがお供え物を頭上に乗せて歩いている。その数、数十人。高杯にたくさんの南国の果物を高くならべた彩り鮮やかな供物。しずしずと目の前を通り過ぎる供物の行列に圧倒される。外国人に見せるためではない村のための儀式。東京に居ても、ときどきこの夢をみる。