from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2013年6月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月
12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月

葉

13.6.30

 熱帯の植物の生長は速い。バリでは、1、2ヶ月経つとあっという間に背丈ほど伸びていることもあるから驚き。放っておくとすぐにジャングルとなってしまうのだ。詳しい人の話だと東京の植物の4倍程の成長速度だという。桃栗三年柿八年や、樹齢100年の年数がぐっと短縮されるということ?

オゴオゴ

13.6.26

 バリの大晦日に使ったオゴオゴ人形を道端に発見。オゴオゴは邪悪な物を追い払う儀式で、妖怪や鬼の張りぼてを作って村人たちが練り歩く。村ごとに趣向を凝らしたオゴオゴ人形はあっと驚く面白さだ。これは猪の妖怪の上に更に小鬼の妖怪がくっ付いていて、ほんとよくできている。

Slank

13.6.17

 インドネシアで超人気のベテランバンドSlankがバリにやってきた。遠くの島からもSlankerと呼ばれるファンたちが続々と集まって、すごい熱気。若者達は作ってきた旗を懸命にアピールする。まだ貧しさが大きなテーマとされるインドネシアだけど、ロック魂は生きている。

バリス

13.6.8

 自然豊かな庭でバリのダンス、バリス。若い男たちの勇士の踊りだが、今日踊るのは8歳の天才少年アリくん。面構えもキリッと目を見開き、指先まで力を込める姿に、観てる大人達は驚きの表情。親がダンサーだと、ダンスは赤ん坊のときから遊びながら自然に覚えてしまう。いわば英才教育の成果! もちろん化粧を取れば可愛い少年だけど。