from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2011年6月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月
6月7月8月9月10月11月12月 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月 18/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月

ゴミの山

11.6.28

 高さ5mはある瓦礫の山がいくつも岸壁に並んでいる。津波で大きな被害があった塩釜の港の光景。青い空をバックにした巨大なモニュメント。地震から3ヶ月以上経って、海岸地区では元の生活はそっくり消えて廃墟になったように見えるけど、実は瓦礫を積み上げて整理する努力が着々と行われているのだ。

瓶

11.6.24

 お行儀良く並んだビンのファミリー? 全部バラバラの空ビンだけど、木箱の中に収まって仲良し家族のよう。これ、神保町の路地の片隅に発見。木箱もなかなか味があるし…。一升ビンはお父さんでワインボトルはお母さんかな? なんてつい、想像してしまう

タイサンボク

11.6.18

 信濃町で見かけたタイサンボクの白い花。それにしても、大きくて立派な花だな〜。開くと30cmはあるだろうか。梅雨時の雨の中だと、まるで太古のジャングルに迷い込んだような気が…。人間が小さく見える〜。学術名、大きなマグノリアだって。

うめ

11.6.12

 東京はじとっとする曇り空。梅雨ですからね。今年も梅干し作りの季節がきた。作るのに手間はかかるが、海外に行くときのマストアイテムなのでたくさん作る。甘酸っぱい梅の薫りに包まれての作業は実に楽しい〜。この幸せ感、みなさんにお裾分けしたいくらい。

凧揚げ

11.6.7

 田んぼの稲刈りが終わったバリは、凧揚げの季節だ。大人も子供も、みんなで巨大な凧を揚げるのが大好き。手作りの凧は形もいろいろ。うまく揚がった凧は大空をいつまでも飛んでいて、数の多さにはビックリ! うまくいかなくても、何度もトライする。助走して、今度こそ! そのたびに大歓声があがって、実になごやか〜。