from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2013年10月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月
12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月 18/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月

紫式部

13.10.25

 散歩の途中で見つけた鮮やかな紫色。ムラサキシキブという秋に小さな実をつける植物。優美な紫色からあの源氏物語の作者を連想するので「紫式部」と呼ばれるようになったとか。赤くなる実とはまた違う雅やかな姿から、平安朝の宮廷恋愛物語をつい思い出してしまう。初雪から冬のソナタを思い出すように?

空

13.10.18

 台風が去り、神保町の夕焼け空を見上げればもう秋。10月になっても真夏日が続いていたけれど、空は正直。靖国通りの突き当たりに夕日が落ちると、空高くピンク色に染まったうろこ雲の群れが飛んでいき、やがて少しひんやりした夜が訪れる。セーターをかぶって、秋を見つけに散歩でもしようかな。

バリス

13.10.9

 バリのお寺の祭りで決まって踊るのが勇者の踊りバリス・グデ。列をなした男達が勇ましく舞う姿は圧巻。片足で揺るぎなく立ち、目をグリッと見開き手を大きく広げると、邪悪なものたちは一斉に退散するだろう。この踊り、ゆっくりした動きで片足で立つ場面が多いから、バランスが難しい。グラグラ揺れてたら勇者にならないからね。