from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2017年5月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月
12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17
/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月 18/1月

クバヤ

17.5.31

 バリの結婚式で目を見張るのは女性のファッション。全身レース模様で背中、胸元、腕が露出したすごく派手なクバヤを着るのが流行中。お寺にお祈りに行くときは普通の上着でないとダメだけど、結婚式では派手さ美しさを競い合う。よく見るとスケート競技のユニフォームのように肌色の透ける素材でできている。若い娘さんはもちろん、妙齢のおば様たちもがんばる。王族の結婚式をのぞくと、異次元世界かとびっくりすること間違いない。

結婚式

17.5.29

 バリの友人の家で結婚式があった。家はシュロの葉と花で飾り付けられ、なかなか美しい。僧侶がヒンドゥの祈りを捧げるのに来賓客は立ち会い、その後料理がふるまわれる。これはバナナの葉っぱに花婿が剣を突き刺すという伝統的な儀式。朝早くから家族で花嫁を迎えに行って夕方まで儀式が続き、夜は音楽とダンスで喜びが続くというハードな一日だ。

ピサンマス

17.5.9

 庭師のサデイアさんからピサンマスをもらった。彼の家の庭に生ったのを持ってきてくれた。親指大の小さくて甘いバナナ。バリではお供えに使う貴重なバナナだ。口に入れるとふわっと溶けてやさしい甘さが広がる。バリはバナナだけで何種類もある果物の宝庫だ。市場に出回る以外にも、ジャングルには沢山のフルーツが生っていて、その種類の多さには驚く。