from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2009年10月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月
6月7月8月9月10月11月12月 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17/1月2月3月4月5月6月7月8月9月

古本祭り

09.10.29

 恒例の神保町古本祭りだ。11月3日まで、本好きの人が本漁りにやってくる。豪華な画集も安く買えるし、絶版本発見というおまけもあるし、なかなか楽しそう。日が落ちて古書通りには提灯がともり、夜の神保町もいい雰囲気。レトロなカフェで、さっそく買った本を読むシアワセをぜひどうぞ!
オフィシャルサイトJIMBOU

稲荷神社

09.10.26

 神保町の裏通りに、小さな神社をよく見かける。これはビルの隙間に見つけたお稲荷さん。ビルの壁のダクト前に、赤い鳥居と旗がクッキリ。お稲荷さんは今や五穀豊穰、商売繁盛、交通安全とオールマイティの御利益があるそうで、いつ見てもお供え物は途切れない。このご時世、確かに、みんなのお願いは止まる事がないだろうね。

交差点

09.10.22

 神保町交差点。秋空が青い! この数日、カラっとした秋晴れが続いている。天候不順で暑かったり寒かったり、政権交代があったり…めまぐるしい変化に追われていたが、つかの間のおだやかな日々。ミュージシャン加藤和彦氏が亡くなり、戦後の大衆カルチャーについて思い返す。この蒼空に、一時代の喪失を感じるのは私だけ? 

秋日和

09.10.18

 秋日和の日曜午後。子供を肩車する若いお父さん、お母さんは気持ちよさそ〜にショッピング。キャンプ用品を買ったのかな? ボカボ前の石畳には、そんな姿がクッキリ影になって影絵芝居のよう。空は晴天、日差しも強いけれど、風には冷たさも感じられる。もう間もなくコートを着る季節

キンモクセイ

09.10.14

 見上げるとキンモクセイが満開! オレンジ色の小さな花弁が枝に重なり合って咲く。辺り一面に香りがプーンと広がる。この香りはどこかで嗅いだ…そう、トイレの消臭剤の香りという方がわかりやすいかも。子供達はトイレの臭いと言うらしい。良い香りだから使われたのに、なんだか不遇な気がする。人間の文化って複雑!

銀座

09.10.11

 なんと銀座4丁目付近がユニクロだらけ。安い店の代表ユニクロが高級ショップのメッカ銀座に陣取る。高級ブランド品が売れない時代、Tシャツやジーンズの値段はどんどん下がる。安く買い物して楽しくなろう、が今はIN? 高い品を身につけシアワセ、から大きくチェンジしたものだ。経済学は不況だというけれど、人の満足は減らない?

街路樹

09.10.5

 さわやかな秋晴れ。街路樹の葉が幾重にも重なり影を作っている。そろそろ色づく気配も。 これ、プラタナスかな? いや幹に迷彩模様がないから違うみたいだけど…さて? 私たちは種がきっちり分類された世界を考えがちだけど、実際はもっと豊かなのだろうね。ということで、面倒な同定作業はやめて、初秋の日差しを浴びよう!