from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2016年11月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 12/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月
12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17
/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

銀杏

16.11.26

 秋も深まり、もう冬と言ってもいいかも。銀杏並木はちょうど黄色に色づいてキレイ〜。これは毎年の景色だけど、やはりいいものだ。コートをはおって散歩すると、頭上に黄色い葉っぱがヒラヒラ舞ってくる。でも、先日、11月には珍しい積雪もあった。気象観測史上、初めてらしい。これからぐっと寒くなるのかな?

夕焼け

16.11.18

 バリの夕焼け空。友人マデ・ウィジャャのお葬式に行った帰り道、美しい夕焼けが目の前に広がる。午後に親しかった人たちの見守る中、遺灰が海に撒かれ、お別れしたけれど、ふたたび楽しかった思い出が脳裏に浮かんできた。バリのヒンドゥーでは輪廻転生が信じられている。きっとまたどこかで会えるかもしれないな。

バリダンス

16.11.5

 バリ舞踊が東京にやってきた。美しい女性の舞い、と思ったら、実は男の子が踊っていた。歌舞伎の女形のように、男性が女性の姿を表現するには高い技術が必要。プリアタン村から来た二人の名手が、今夜は幽玄の美を見せてくれた。高層ビルを背景に、野外ステージで踊る踊り子たちを沢山の人がうっとりと鑑賞。終えたダンサーたちは、寒い〜と楽屋に駆け込んでいたけどね。