from Jinbocho/Bali
なるべく毎日更新のphoto日記 2012年8月   HOME

07/|6月7月8月9月10月11月12月| 08/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
09/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 10/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
11/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 12/|1月2月3月4月5月6月7月
8月9月10月11月12月
13/|1月 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 14/|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
15/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月| 16/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
17/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月 18/1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月

フルーツサラダ

12.8.31

 マンゴー、パパイヤ、パイナップル、サラック‥‥採れたてフルーツのサラダ。口に含めば、もちろん絶美味しい! 人が新鮮な果実を「美味しい」と言いながらほおばる姿は幸福の図だ。人のそういう幸せな表情はいつまでも見ていたい。もし、不安や悲しさが多少ともあるというなら、向日性の果実に、豊穣な甘さに、圧倒されればいいのに。

朝日

12.8.22

 熱帯のジャングルに朝日が昇り、幾状もの光の帯が大地に差し込む。この日、特別な日だっただけに、この荘厳な光景に息を飲んだ。夜の闇を照らし出す太陽の光が、生命を育むシンボルであることには十分納得できる。しかし、超蒸し暑い東京の夏はこの限りではない。このカンカン照りでは、生物達はぐったりするよ。